上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.20 いいひと
よーやっと銃所持許可が下りた。

長かった。。。

68




ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆

「銃所持許可までの流れ」

①猟銃等講習会
  県収入証紙6800円
  証明写真
 
 法律や銃に関する知識の講習会、受講後テストがあり、合格者だけが修了証明書をもらえる。

 →講習修了証明書ゲット

②教習資格認定申請
  精神科医の診断書(そううつ、てんかんなど)
  銃刀法第5条第1項第2号から第18号までのいずれにも該当しないものであることの誓約書
  身分証明書
  同居親族書
  証明写真
  戸籍抄本
  住民票の写し
  講習修了証明書
  経歴書
  銃刀法第5条の2第2項第2号または第3号のいずれにも該当しないものであることの誓約書
  聞き取り調査の承諾書
  県収入証紙8900円

 射撃教習を受けるための審査をうける。
 精神科医の診断書にはじまり、過去10年の職歴、住所歴、同居家族の同意や、
 自己破産していないか(自殺に使う可能性の有無)などの証明も必要。
 誓約書は親族に暴力団関係者がいないかとかそういう関係のもの。
 銃を所持しようとする理由やローン、貯蓄などいろいろ聞かれる。
 過去の勤務地、近隣への聞き取り調査もされる。緊張するぜw
 
 そして手数料高っ><  

③猟銃用火薬等譲受許可申請  県収入証紙2400円

 銃の所持と火薬は別!射撃教習用の実包(弾丸)の譲受許可。

④射撃教習&技能検定
 
 はじめてここで銃に触れることになる。
 射撃場で銃の取り扱いと射撃訓練、その後テスト。 一発勝負w
 スキート射撃25発中3発当たれば合格。結果は6発命中。
 取り扱いは用心金に指を入れてしまって90点。
 肩当がしっかりできていなかったようで数日右肩が痛んだ。
 そのままテストって・・・ドキドキが止まらないw
 教習料は2~3万円かかった気がする><

 →教習修了証明書ゲット

⑤銃所持許可申請
  譲渡等承諾書
  精神科医の診断書(そううつ、てんかんなど)
  銃刀法第5条第1項第2号から第18号までのいずれにも該当しないものであることの誓約書
  身分証明書
  同居親族書
  証明写真
  戸籍抄本
  住民票の写し
  講習修了証明書
  教習修了証明書
  経歴書
  聞き取り調査の承諾書
  銃刀法第5条の2第2項第2号または第3号のいずれにも該当しないものであることの誓約書
  県収入証紙10500円
  銃と火薬の保管庫準備

 ②とほぼ同じだが、途中で引っ越してしまったので戸籍関連の書類も聞き取りもすべてやり直しw
 ガンロッカーは銃を譲ってくれるハンターさんから頂いた。
 それにしても収入証紙・・・・・。

⑥銃所持許可証交付
 交付後30日以内に銃を譲受け、
 譲り受けてからは14日以内に警察に現物を提示しなければならない。

⑦猟銃提示  現物の提示
  保管庫と現物の写真
  保管庫と自分の写真
  保管庫の見取り図

 ここまでくれば確認作業だけ。 
 
  →晴れて銃所持66


--------------------------------------------------
さらに実包(弾薬)購入のため、再び

 猟銃用火薬等譲受許可申請
  県収入証紙2400円


・・・・どこまでも収入証紙・・・・。

ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆

実際にまとめてみると大変な手間とたくさんの証紙代。ハードル高い。

そうやすやすと渡せないという意気込みが伝わってくる。

犯罪の凶悪化抑止の為なのだろう。


とにかくこれに関してはよく頑張った!
自分をほめたい。

そしてぼくは

公安お墨付きの善良な徳島県民デス。
67

徳島県ブログランキング現在22位!
ぽちしてくださひ。
↓  ↓  ↓  ↓

徳島県 ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qualife.blog.fc2.com/tb.php/28-57d93dc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。