上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■春の畑シリーズはこちら(・ω・)ノ
   その1 http://qualife.blog.fc2.com/blog-entry-194.html
   その2 http://qualife.blog.fc2.com/blog-entry-197.html


梅雨入り宣言直前の晴れた日。

うると子供たちが玉ねぎとにんにくを収穫してくれました☆



玉ねぎやにんにくは収穫しやすくて
子供たちも楽しかったようです。

tamanegi2015-10.jpg

テンションの高さがうかがえますね。
  (次男⑅∫°ਊ°)∫ベロベロベー   (・ω・;)どうしてそうなるんだね?きみは 



さて、今年の成果を見てみましょう!




tamanegi2015-11.jpg

去年と比べると、だいぶ大きな玉が多いです。

近所の方も、よくできていると褒めてくれました☆
 ワーイ ヾ(*´∀`*)人(*´∀`*)ノシ ワーイ

今年は冬の寒さのせいで
町のほうも出来が良くなかったと聞きました。


私たちは基本的に自然農でやっていますが
あまりにも地力がない(土が肥えてない)ので
今年はほんの少しの化成肥料を施しました。

これが功を奏したようです。

肥料効果(`・ω・´)(`・ω・´)絶大!



化学肥料に関しては賛否両論あると思いますが
自給自足という点を考えると
時間と労力を費やしてもある程度の収穫量が得られない
というのは、かなりツライのです。

じゃあ有機肥料を使えばいいじゃん
と思われるかもしれませんが
有機肥料に問題がないこともないですし
コストや手間、肥料が効いてくるまでの時間などを考慮すると
有機に徹底的にこだわることもないのかな
というのが、現在のスタンスです。

今使わせていただいている畑とその周辺だけで
すべてを賄えるのが理想ですが
久尾の畑は山を崩して作ったものばかり。
畑としての土は必要最低限しかなく
少し耕せば、固い固い土が現れます。

ここで自然農をするには
どれだけの年月がかかるんだろう・・・・・・

ということで
肥料はサプリメント的に使っています(・ω・)


やせた土地で無施肥無農薬でやってみると
肥料のありがたさがよーくわかります。

まだ昔ながらの農業をしていた人が
初めて化学肥料を使って
今までに見たこともない立派な作物や量が取れたこと
きっと農薬の使用だって
虫に茎だけにされることもなく
すくすくと大きくなっていく様を見て
震えるほど感動したと思います。

緑の革命を完全否定できないなあ、と思うのでした。

  普段から好んで虫を殺すことはしない私ですが
  実際に虫に食い荒らされると
  「撲滅」の二文字が浮かんできます(´・ω・`)
  ウリハムシとかウリハムシとかウリハムシとか。
  今年はナメクジとか。





さてさて、話は戻って。

葉がしんなりするまでブルーシートの上で乾かして
 縛りにくいからね(・ω・)b

根と余分な葉を切り落として麻紐で括ります。

あとは軒下に吊るして保存。

tamanegi2015-12.jpg

あ、根っこ切り忘れてるのがある(笑)

玉ねぎの内側に、にんにく。

ninniku2015.jpg

徳島の畑に植えた3個100円の中国産にんにくが
これで5代目になります。

安定のにんにく。嬉。


葉と根を落とすと、そんなに量はない
というのが正直な感想。

玉ねぎは550本
にんにくは400片以上植えたんですけどね。

来シーズンは
もっとたくさん植えようと思います。
  (うる・ω・)そうなるとかなりの面積になるぞ  ほんとだね(・ω・;うるず)


吊るされている玉ねぎとにんにく。

tamanegininniku2015.jpg

かわいいなぁ(*´m`*)ムフフ


玉ねぎはそんなに長く保存できないので
どんどん食べていきたいと思います。

 いい保存方法&玉ねぎの保存食の作り方ないかなー(・ω・)




おうちで取れた野菜って、どうしておいしいんでしょうね?
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

↓ ↓ ↓

徳島県 ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qualife.blog.fc2.com/tb.php/199-03429d24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。