上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日。

めちゃくちゃ大雨ではなかったけれど
風もそんなに強くなかったけれど
停電した。



分厚い雨雲が垂れ込める夕暮れ時だったので
夕飯を作るのに明かりが必要だった。

梅さんからもらった
灯油式のランタンが役に立つ。


停電は、久尾ではよくあることで
光ケーブルも時々断線する。

そして、復旧まで数時間はかかるのが普通なのだ。




でも、それでも困らない。

むしろ電気が通っていないと
家の中がとても気持ち良かったりする。
 ※うるず個人の感覚です



集落の人たちも
停電すると不便だけど
なかったらないでまあ何とか・・・・・・
という感じ。

それもそのはず。

久尾に電気が通ったのは戦後のことだと
久尾を取りまとめている蔭田さんから聞いた。

久尾に住むほとんどの人が
電気のない生活をしてきた経験を持っている。

「昔は電気なんてなかったんじゃ」

で終わる。


強いwwwwww



そう。

電気がある生活なんて
人の歴史の中で100年ちょっと。




電気は便利だけど
そのあり方を考え直すところに来ているんじゃないかな
と思う。




電気のことについてはいろいろ思うところはあるけど
今回はここまで。





携帯電話より黒電話が欲しいなあ(・ω・)
↓ ↓ ↓

徳島県 ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qualife.blog.fc2.com/tb.php/198-e46b329c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。