上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.26 初めての稲作
去年までお隣さんが作付していた田んぼ。
今年からもう作付をやめるので使っていいと言って頂いたので稲作に挑戦!

稲作と言えば、田に水を張って代掻きをし田植えをするのが一般的だけど、

今回は代掻きなしでやってみた。





------------------------------------------------------
何事においても一般的な方法というものは試行数が多いので
どのような結果になるかある程度予測ができる。
そしてその一般的な方法をとるために必要な道具や手順を
省略すればうまくいかないと人は言う。

「先人の知恵」。
経験と試行の積み重ねでその方法は確立しているからだ。

ただ、
「この手順を省くとこうなる。」
「この道具がないとうまくできない。」
ということを知識として知っている人は多くいても、
実際にやったことのある人は多くない。

「一番良い方法」と言っても、
目的が違えば変わってくるので一口になんて言えない。

自分にとっての一番良い方法というものは試してみないとわからない。
人に聞いたって答えなんかないのだ。

という思考が僕の行動原理の中にあるので
一般的な方法を参考にはするがそのまま真似ることは少ない。
昔から「人の言うことを聞かない。」と言われる所以だ。

聞いてはいるよ。うん。
----------------------------------------------------------

要は一般的な稲作をすると、トラクターやら機械を使うことになる。
設備費がかかればそれを取り戻さなくてはならない。
効率生産して投資費を取り返そうとする。
投資費を取り返したと思ったら次は設備の維持、交換をしなければ
今の生活が継続できないので、さらなる投資をする・・・(永遠に続く)
今の日本の農家が抱えるジレンマそのもの。
僕はそんなものを抱えたくないので
まずは設備費をかけないでどこまでできるかを知ろうと思った。


参考にしている農法は「川口由一氏」の自然農。
基本的にその畑の中の循環だけで農業ができるので、
施肥による放射性物質の混入をなくすことができる点がとても優秀だと思われるので、
去年からこの農法を実践しているのだが、
去年一年試して、地力不足で育たない野菜をみた。
雑草も生えないような畑から始めるには時間がかかりすぎると思った。

そもそも自然な状態とはなにか,
地力の少ない畑は自然と言えるのだろうか。
「そこから何年もかけて自然にしていくのがいいんですよ。」
という人もいるとは思うが、そこには興味がない。

そういうわけで一年目、
「自分にとって一番良いと思われる方法」
施肥、耕起した状態からスタートし、栽培法は自然農風にした。

DSCF1398.jpeg
奥に見えるのがその田んぼ(3月撮影)
肥料は(我が家の人糞)と海陽町にある阿波尾鶏の丸本の有機鶏糞を使用した。
畝を作って稲作をするのだが、小さい耕耘機で耕起した。

DSCF0726.jpeg
畑で苗代を作る。(4月半ば)
籾は佐那河内自然農塾の岩野先生から分けて頂いた貴重な赤米。

DSCF0723.jpeg
取りについばまれないようにしっかりと草をかけ、竹の枝とネットで守る。

DSCF1639.jpeg
2週間目、稲が芽を出し始めた。

DSCF0815.jpeg
3週間目

DSCF1715.jpeg
一か月経過。(6月)
立派な苗もあれば小さな苗もある。
来年は「芽出し」をやってみよう。

これを水の入ってない畑に植えてから

DSCF1734.jpeg
水を引き入れる。
水の供給はお隣さんが使用していたものをそのまま使用できたので楽勝だった。
谷からパイプで直接引き込むプライベート水なので気兼ねなく使えて素晴らしい。

DSCF1737.jpeg
田んぼに水が満たされて、僕の心も満たされた。

さあ、どうなるだろうか。



カテゴリ名変更!
「自然農」→「本農(本能)」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

徳島県 ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qualife.blog.fc2.com/tb.php/121-1e3c0d0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。