上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の秋、義父の友人で冷機会社を経営している方から
狩猟用にとプレゼントしてくれた冷凍ストッカー

DSCF1140.jpeg

「この冷蔵庫を獣肉で一杯にする!」

とやる気満々だった初めての猟期。


撮り貯めた画像まとめてダイジェストでご報告します。
(こまめに書いてなかっただけ><)






【罠猟】

DSCF1116.jpeg
今年使ったのは「くくり罠」と呼ばれる罠。

DSCF1117.jpeg
その名の通り動物の足にワイヤーをくくりつけてとらえる罠。

DSCF1119.jpeg
スプリングを圧縮して
(長男撮影の為ピンぼけております)

DSCF1120.jpeg
踏み板で留める。

DSCF1123.jpeg
セット完了。

DSCF1124.jpeg
踏み板に合わせてワイヤーの大きさを調整する。

輪っかの中の踏み板を踏み抜くとスプリングが解放されて足をくくりつける仕組み。

DSCF1125.jpeg
スプリングが輪っか側に働くように後ろを固定する。

DSCF1127.jpeg
罠設置セット

この後ミニつるはしもこれに加わった。

DSCF1129.jpeg
家の裏にある竹林を通り

DSCF1130.jpeg
茶畑を通り

DSCF1131.jpeg
動物の通りそうな場所を探す。

DSCF1139.jpeg
まだ新しい鹿のフンを発見!

先輩ハンターは「猟期は猪しか狙わない」と言っていたけど構うものか。

ここにしよう。

DSCF1133.jpeg
パイプとハンマーで罠を設置する穴をあける

DSCF1137.jpeg
踏み板を隠し、踏み抜けるだけの深さの穴を隣に掘る。

罠を穴に入れワイヤーの位置を調整しする。
(写真撮れず><)

DSCF1138.jpeg
近くの木にくくりつけたワイヤーも地面に埋め
カモフラージュして完成!

といたる所に仕掛けましたが結果から言うと
何も取れませんでしたwヽ( ´¬`)ノ

何回か空弾き(踏み板は踏んだがくくれなかった)があったり、
猪に罠を発見され、これ見よがしに引っ張り出されたり。

っと書いていますが、こんな反応があるときはまだちょっとうれしい時で、
設置しても無反応なときは悲しい。

なにより最大の敵は毎日の罠の見回りだった。
設置したら毎日見回らなくてはいけないのだけど
ちょっと奥に設置するとそこまで登って行かなくてはいけないし、
それが結局その場所を荒らしてしまって動物が立ち寄らなくなってしまうと言うジレンマに陥り、
かと言って道路から見えるところに仕掛けても
そういう所に来る動物は警戒しているわけで、そううまくもいかなかった。

罠のお師匠様はアマチュア無線の発信機を取り付けいた。
なるほど、そうすれば家や道路から罠に反応があったかどうかを知ることができるし、
罠の設置場所を荒らすこともない。

そのうち無線でやってみないなあと思った今猟期でした。

なかなか難しす><



【銃猟】

DSCF1216.jpeg
銃猟のお師匠様、Uちゃんの狩りに同行させてもらいました。
猟犬を使って狩ります。

DSCF1218.jpeg
猟犬を放し、一緒に上っていく。
シダ藪も急斜面をものともせずどんどん登っていく猟犬達とUちゃん。
後ろをついていくだけで必死ですぜwハァハァ
写真を撮る間なんてなかったさ!

狩りの手順としては
1.猪の形跡を見つける(足跡、食べ物を探した跡など)
2.1をもとに猪がどこの山にいるか見当をつける
3.山を登り猪を探す(ここは犬の仕事)
4.犬が猪を見つけたら猪が逃げてくる場所で待ち構えて撃つ

ということなのだけど、

それに対して僕といえば
・1については、なんとかわかる
・2については、よくわからない!
・3については、犬を飼っていない!
・4については、イノシシがどこに逃げてくるかというのは、
 完全に経験と土地勘によるところなので経験が必要


という悲しい現実

まずは犬を育てるところからはじめ
その間に経験を積むしかない!
遠い・・・w
遠すぎるwww

結局このときは、犬が猪を見つけて追ったのだけど、
猪が姿を現した場所が結構遠かったので逃げられてしまった。
あきらめて猟犬を回収し、撤収をしようとしたとき、

一頭が猪をとらえている所をUちゃんが発見!
Uちゃんめがけて突っ込んできた猪を抑え、
心臓をナイフで一突き!


Uちゃんかっけぇぇ!!


DSCF1222.jpeg
めでたく30kgぐらいの猪を取ることができました。

僕は犬以下だということを痛感した初めての銃猟でした><

DSCF1223.jpeg
この猪、よく見ると3本足。
どうやらくくり罠にかかって、足を捨てて逃げたようだ。

もし僕が罠にかかったとしたら、自分の足を捨てることができるだろうか・・・。
動物すごいわ。

(ここからグロ注意!解体しちゃいます。)
DSCF1225.jpeg
川へ行きまず内臓を抜く。


DSCF1227.jpeg
我が家の庭で解体開始。
娘も見学してますw

DSCF1228.jpeg
脂を皮につけないように慎重に皮を剥いでいきます。

DSCF1230.jpeg
関節にナイフを入れ解体していく。

DSCF1232.jpeg
身を骨から外し

DSCF1233.jpeg
精肉完了!

これはそれなりにできるようになってきた!!!

DSCF1235.jpeg
そして心臓。

本当にナイフで一突きだった!

かっこよすぎでしょw

この後も数回Uちゃんの狩りに同行させていただきました。
銃猟は10年計画くらいに考えて経験を積んでいかなければいけないなあと思った今猟期でした。




で・・・・も・・・・
1462688_10151905175472637_1043712758_o.jpg
鴨なら一人で撃てるもん!
(とった時の写真が見つからない><)

1486747_10151905269712637_1004677579_n.jpg
しかしこの後わかった事は、
流れの速い野根川にマガモが来ることはほとんどないということだった。
撃っちゃいけないオシドリ君ばっか><
くそうw




猟期は終わったけど、
今年は罠で有害鳥獣駆除班に参加予定!
獲るぞ!
獲れるのか?
お願いかかって><


ポチお願いします。
いや・・・罠なんかじゃないし!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

徳島県 ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://qualife.blog.fc2.com/tb.php/101-4a112128
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。