上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.23
---------------------------------------------------------------
宮城沖で高知の漁船転覆、52歳船長が行方不明
読売新聞 6月23日(日)15時35分配信

 23日午前10時15分頃、宮城県沖約300キロを航行していた高知県須崎市のマグロはえ縄漁船「第七勇仁丸」(19トン、乗組員9人)から、第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)が遭難信号を受信した。

 同本部が航空機などで捜索したところ、船体が二つに割れ、転覆しているのを発見した。

 この事故で、船長の義沢宏志さん(52)が行方不明になっている。他の乗組員の日本人1人、インドネシア人7人の計8人は救命ボートに乗り移り、同日午後1時50分頃、僚船に救助された。同本部で義沢さんの行方を捜すとともに、事故原因を調べている。
---------------------------------------------------------------

高知のマグロ漁船が宮城県で・・・

何をかいわんや。

水産物怖いな。
スポンサーサイト
初心者の初心者による初心者のための自然農講座w

第1回は畝(うね)立て

畝作りといえば、
周りの土を山のように盛って作る畝を想像する人が多いと思う。
自然農の畝作りはそれとは逆で、畑に溝を掘る。
水はけを良くするために水路を作るという発想だ。

僕は来年稲作をやりたいと思っているので、
今回は水田の畝立をすることにする。

参考文献:「自然農・栽培の手引き-命の営み、田畑の営み- (川口由一)」
... 続きを読む
僕はラーメンが大好きだ。
でも「徳島ラーメン」は大嫌いだ。
塩分の濃すぎるスープと肉も好きではないが、
その存在が嫌いだ。

僕が小さい頃、徳島にあったラーメン屋は
「中華そば」「支那そば」「ラーメン」だった。

上京して数年、ふとTV・雑誌をみると
「徳島ラーメン」なる言葉が生まれていた。

「徳島ラーメンとはとんこつベースのしょうゆ味で
 肉は濃い味付け。 上に生卵を載せる。」
と書いてあった。

「なにそれ」

そういうラーメンはごく一部がやっていただけで、
いろんなラーメンがあったことを僕は知っていたから。
「徳島」とひとまとめにするなと思った。

人に自分が徳島出身であることを話せば
「ああ、徳島ラーメン有名ですね。」と言われた。
僕はそんなラーメンは知らない。

16年経って帰郷してみると徳島市内で見かけるラーメン屋には
「徳島ラーメン」と大きく書かれている。
店によっては店名よりも大きく書かれている。

「徳島ラーメン」と書けば売れるということなのだろう。
それだけのパワーを持った言葉なのだろう。
しかしその言葉によって、徳島のラーメンは多様性を失った。
どこに行っても同じラーメン。

徳島県民は本当にこれで良かったと思ってるのか?
本当においしいと思っているのか?

僕は残念で仕方がない。
僕が「自然農」を始めたのは2年前。
実家は兼業農家であったのだけど、
農業には興味を持たないまま大人になった。

東日本大震災で福一原発3号機の爆発を見て、僕は徳島に帰郷した。
「子供に内部被爆をさせたくない」
一心で可能な限りベクレルフリーの食品を探した、
しかし、それにはすぐに限界を感じた。
野菜について言えば有機肥料や腐葉土などは他地域から流通してくる物もあって、
それらをリサーチすることは不可能であったし、
食品の産地偽装なんてものは日常茶飯事であることぐらい知っていたので。
「表示が正しいという事を前提として(信じて)」
子供を守れるとは思えなかったからだ。
そして「自分で作る」という選択をし、農業を始めることにした。
... 続きを読む
2013.06.17 相棒
最近、子供が怪我するやら、僕が風邪をひくやらで作付が全然進んでいない。
畑が思ったよりも広く、7月までに終わりそうにないので試しに借りてみた。

実家の草刈り機
42
購入したのは20年前くらいで、
母へのプレゼントだったという代物w
鎌で草を刈るのが大変で買ってもらったらしい。
切実だったんだろうなと思った。

何年も使ってないそうだけど元気に動いてくれた。

早速家の周りで試し切り

ルンルンルン♪



ヴィィィィィン・・・




Σ(・Д・)!!
... 続きを読む
2013.06.14
石本アケミさんのご厚意で梅を採らせていただきました!


大きな梅の木。

38

古い古い梅の木です。

上のほうは大きなはしごでも届きません。



立派な梅の実。

37


鈴生り!!

今年は大豊作だそうです。



子供たちもお手伝い。

39


採っても採っても採りきれない(笑)

3時間もしないうちに、たーーーーーっくさん採れました!

無農薬の梅をいただけるなんて、本当にありがたいです。



それにしても

はしごに登って

枝も切り落としながら

梅の実を採る。

手が届かないところは

長い竹でバンバン叩いて実を落とす。

石本さん、おいくつでしたっけ……?


山のおばあちゃんの体力と知恵には

驚くばかりです。




私も梅を採るのは初めてだったので

いい経験になりました。

そして、いい運動になりました。



石本さん、ありがとうございました!!




しかし、大量。

何を作ろうか。


まずはシロップからかな。
2013.06.13 発作。
35

衝動的に食べたくなって作りました。

たまーに起きる

カスタードクリームがしっかり詰まったシュークリームが食べたい発作。



クリームたっぷり。

36


チョコレートクリームバージョンも作ったけど

写真に撮る間もなく

消えてしまいました(・ω・)



ひとり3個ずつ。

はいはい、食べすぎ食べすぎ(笑)

2013.06.12 さかいめ
僕が爪を切っていると長女(2)が切った爪を指さして

「ぱぱ?ぱぱ?」

と聞いてきた。

「これはパパじゃないよ、パパの爪だよ。」

と答えたら、長女は頷きながら


「ぱぱ。」

と納得していた。

僕は、

「だから、これはパパじゃなくて、パパの爪。」

と言おうと思ったが、冷静に考えてみると、

それは確かにパパであったものだ。


切り離されてしまったものはパパではないという認識のもと

「これはパパじゃないよ。」と僕は言ったのだと分かった。

長女にとっては、切り離された爪もぱぱだった。


たとえばその爪は、

いずれ分解または風化されて土になり、

植物はその土から養分を吸って育ち、

その植物を虫が食べ、

鳥がその虫を食べる。

その鳥は実は渡り鳥で、遠く離れた地の猟師が銃で撃って、食べる。

数多あるのストーリーを経て、

僕はいたるところに存在する。

どこまでが僕でどこからが僕ではないのか

という事を考えるのはナンセンスだと思った。

自分とその他を区切っていた壁を壊してくれた長女の感性をこのまま大切に育ててゆきたい。
野根川の水資源と自然を守る会の
「野根川クリーンアップ作戦」のときのご縁で

海部藍で染色した衣料を手掛けている
株式会社トータス
へ遊びに行ってきました!


亀田専務に案内され、工房の中へ。


... 続きを読む
2013.06.03 解体
夜、家の窓から外を見ると鹿がいた。

僕は思わず違法所持していた銃で鹿を撃った。

僕にはなぜか美人秘書が付いていて、冷静に証拠隠滅を手伝ってくれたが、

数日後ベテラン刑事(いかりや長介)が我が家を訪れ、

僕が犯人であることを証明されてしまう。

「あーこれからどうなるんだろう、ちゃんと銃所持許可とっておけばよかった。」

と立ち尽くした。

という場面で目が覚めた。

状況を把握するのにしばらくかかったが夢だったようで良かった。

銃所持許可申請に必要な書類もほぼ揃い、あとは精神科医の診断書を残すのみ。

そんな朝、役場に用事があって山を下りると、
有害鳥獣駆除で鹿を仕留めてきた人が来ているという情報を教えてもらい見に行った。

もっ〇り酒場でお会いしたハンターさんだった。

「これ、ほしかったらあげるよ。」と言ってくれたので
僕は「ありがとうございます!」と即答した。

ハンターさんがそのまま僕の家まで鹿を届けてくれるという事で、
山を登るだけで片道30分近くかかってしまうのにと感謝しつつ
僕は町での用事を終わらせてから帰宅した。

25
これが置いて行ってくれた鹿。
撲殺後、頸動脈を切って血抜きされている。

「さて・・・やるか・・・。」

実はまだ鹿の解体をしたことがない

土成に住んでおられるハンターのお師匠様と一緒に

イノシシは何度か解体したことがあるのだけども・・・。

まあ同じ哺乳類だから何とかなるだろうw

------------以下グロテスク表現注意-------------
①洗浄
 野生動物にはダニがいっぱい付いている。
 死後体温が下がると次の宿主を求めて一斉に這い出してくるので、
 ダニに付かれないように気を付けつつ洗浄しなければいけない。

 ダニは黒っぽいので白い装備と長靴、ビニール手袋で挑んだ。

 ・・・問題なく完了

②内臓を取り出す
 腹にナイフを入れて腹膜を破らないように内臓を取り出す。

 消化器系、膀胱を傷つけてしまうと肉に臭いが移ってしまって
 食べられなくなってしまうというかなり重要な作業。
 この時もダニの付着には注意する。

 ・・・問題発生

 皮を切ると腹膜はもうパンパンに膨らんでいて、内容物の臭いが立ち込めた。
 あばら側にも臭いが移っている。大丈夫だろうか・・・。
 作業自体は手間取りつつも問題なくできた。

③皮を剥ぐ
 鹿は首(または後ろ足)を吊って皮を剥ぐというのが一般的。
 臭いが移るので毛が肉に付かないように気を付ける。
 ここでもダニには注意。

 ・・・50点
 大きなテーブルがあったので今回は寝かせて皮を剥いだのだが、
 剥いだ後にテーブルの上でつるつる滑って毛のついた手袋で思いっきり触ってしまった。
 ちょっと傾斜があるだけでも、かなりやり辛かった。
 今度は吊ろうと思った。


④肉をはずす
 肩、腿、背肉、ランプに分ける。

 ・・・


 臭い・・・。


 肉の断面まで内臓の臭いが染み付いてしまっていた。


 超やる気減退。


 食えるんかなと思いつつ、とりあえず冷蔵庫にIN。

⑤残滓処理
 埋設処理する。

 内臓は風船のよう。
 吐きそうなほど臭かった。

---------------解体終了-----------------

片づけを終え、肉の臭いが心配なので1枚焼いて食べてみる。


・・・・


お、結構臭くない!いけるかも?



・・・・



あ゛~だめだw


後味最悪。


肉の中まで内蔵の臭いが染み付いていた。
以前お師匠様に食べさせてもらった鹿のタタキは、
臭みなどなくそれはもうとろけるようなおいしさだった事を考えると明らかに違う。

26
かたや、そんな事も物ともしない奴が一匹。

野生はすごいなあ、

前にライオンや虎が生きた獲物しか食べないという話を聞いて

死肉も食えばいいじゃん、もったいない。

と思った事があったが、十分新鮮だと思うこの肉でこの臭い。

僕はライオンさんと虎さんに謝らなければいけないと思った。


その後お師匠様に電話して状況を説明すると、

「殺してから10分以内に内臓は抜かんとあかん。」

ということで

臭いの付いた肉はもう使い物にならないそうです。

前からその話は何度も聞かされていたけれど、まさかここまで違うとは・・・

<お師匠様の話まとめ>
一、殺してしまったら血抜きはできない。(心臓が動かないので)
一、血抜きがすんだら可能な限り早く内臓を抜き取る。
一、内臓、毛をさわった手袋で肉に触れてはいけない。



要するに獣肉の味は

如何に適切に処理をするか

さらに遡れば

如何にして殺すか

もっと遡れば

如何にして捕らえるか

そこまで考えて狩猟をしなければならないという事。

奥が深い・・・。



24
かくして、かの肉は、

喜んで食べてくれる子のために干し肉となったのでした。

食べ(^・ω・^)放題
今日は長男の誕生日。

約束通り、パーティです☆


22

ミートソースのペンネ グラタン仕立て

どどん! と 40㎝×30㎝ の型で

うるが作ってくれました!

飾りに散らしたイタリアンパセリは、家の庭で採れたものです♪



みんなはらぺこだったので

大人2人+子供3人(まだまだチビッコ)で

ほぼ完食(*)´з`)=3 プフー



そして、誕生日といえば ケーキ!

長男が前々からリクエストしていた

Forêt noire フォレ・ノワール

を作りました。

グリオットチェリーを使ったチョコレートケーキです。

キルシュというさくらんぼのお酒が利いています。


シブい……


追記:フォレ・ノワールというのは、フランス語で
   「黒い森」という意味です。
   説明不足、すみません……



で、せっかく宍喰に来たのだから

宍喰バージョンで。


20


森の中を走るイノシシ~♪

チョコレートでできてます(・ω・)v

これにはみんな大喜び!


宍喰のイノシシは、まだ足跡だけしか見ていないので

早くお姿を拝見したいものです。



ケーキの断面はコチラ↓

21


先程も書いたように

本当はさくらんぼを使うのですが

今回は桑の実で作りました。


この桑の実は

喫茶ひこうせんから頂いてきました♪

いつもありがとうございます!!


これをスパイスと一緒にコンポートにしたものを使っています。

これがまたおいしいんです!(*≧∀≦*)ノシ


宍喰、バンザイ!!



そしてもうひとつ

このケーキには素敵な材料を使っています。


それは、チョコレート。

コートジボワール産のフェアトレードのカカオ豆から作られたチョコレートです。

香料も乳化剤も使っていないので

香りも口どけも格別です。


仕事でたくさんのチョコレートを使い、食べましたが

このチョコレートを口にしたときの衝撃と言ったら

言葉で表現するのが憚られるくらいのものでした。


この件については書くと長ーーーーくなるので

また後日改めて記事にしたいと思います。


このチョコレートを形にしたのは

淡路島出身の日本人女性です。

まずは彼女のサイトとブログをご覧ください。

チョコレートの現実と

彼女の熱い思いが綴られています。


afrinote

ブログはこちら
afrinote -フランスから 遠くアフリカへ-




という訳で、超!スペシャルなこのケーキ。

お味のほうは……






(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…

ヽ(゚∀゚)ノ…ヨォォォォォ!!!!



あれだけペンネを食べたにもかかわらず

ペロリと平らげた我が家なのでした☆( ̄~: ̄)モグモグ




23

長男、誕生日おめでとう。

パパとママはあなたのことが大好きです。

元気にたくましく、大きくなってね!


今日はよく食べました!!!
2013.06.02 種まき
集落でお世話になっている方に相談して、
休耕地を貸していただきました。ヽ(´▽`)ノワーイ♪
16
田んぼです。
広さは1反ちょっとということだそうですが、
実際に見てみるとかなり広い!

時期的にもう稲作は間に合わないので、
とりあえずなんか野菜でも植えとくかということで、
自然農の本を読んで早速開始。
18
1日やってこれだけ。(手作業だけど・・・)
なんとなく3日くらいでできるかなと思っていたのだが、甘い甘いw

すでに9日も早い梅雨に突入している状態で、
種をごっそり買っているという勇み足っぷりww

雨の降らない日にどこまでできるかが勝負!

19
うるずも子供たちも手伝ってくれて、

15
なんとか植えなければいけないものは植えることができました。
ヨカッタ (○´Å`人´Å`○) ネ―


<植えたもの>
サニーレタス
里芋

モロヘイヤ
ゴマ
オクラ
とうもろこし
青梗菜

残りは晴れの日に少しずつやっていこう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。