上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.09 いいかも
蓮華が咲いた後に代かきなしで田植えしたうちの田んぼ。
http://qualife.blog.fc2.com/blog-entry-201.html

植えてすぐに稲は大きくならず

肥料撒きたい願望がわいてきた。

でも去年それをやって

田んぼに住み着いたかわいいイモリくんたちを殺してしまったので

なんとなく我慢した。


一か月近く経ち

枯れた蓮華が溶けて肥料になり始めたのか

気温が上がってきたのか

稲が青々と成長し始めてほっと一息。


代かきしていない「ざる田」はすぐに水が抜けるので

毎日家の前から田んぼを見下ろして確認する。
... 続きを読む
スポンサーサイト

去年の秋、田んぼに植えた蓮華の種が春にはきれいな蓮華畑に。

蓮華はマメ科の植物で根に窒素を蓄えて土を肥えさせるそうな。(緑肥)
試しに蒔いてみたけど、
ほかの雑草を抑えて蓮華しか生えないグラウンドカバーでもあった。
優秀。

そんな蓮華も花が終わり種ができると一斉に枯れていく。
DSCF1864.jpg
目視できるほどたくさんの種が落ちており、きっと来年も生えて来てくれるはず。

そして、今年の米作りはここからスタート。
... 続きを読む
2015.06.16 はじめての!
今年で銃所持二年目。

今年初めて銃猟での地元猟友会の有害鳥獣駆除班に入れてもらいました。
(去年は罠猟のみ)

そして初めての銃猟での鹿ゲット!

その傍らで嬉しそうにポーズを決める子供たちは将来有望w

早速精肉にして真空パック
IMG_0975.jpg
弾の当たったところは思いっきりロース部分で反対側まで貫通していたので
ロースが少ない><
まあ腹部にあたるよりはましか。



肉が取れるのは嬉しいのだけど、
正直シカ肉って旨味に乏しくておいしくない。

そこで今回はウェットエイジング(肉熟成の手法の一つ)に挑戦。

やり方は簡単
真空パックしたまま0~2度の冷蔵庫で熟成させるというもの。
日数はサイトにより4~30日とかなり幅があるので様子を見ながらです。

獲ったばかりの肉はしばらくすると死後硬直が始まります。
時間がたつと肉の中にあった酵素が自分の肉の分解を始めるそうです。(自食作用)
その結果死後硬直が解け(肉が柔らかくなって)
その分解の副産物にうまみ成分(アミノ酸、ペプチド)ができるそうです。



調理師専門学校時代にこういう事は習った。
うん、習った・・・。

あれから20年近く・・・
今それを活用することになろうとは・・・感慨深い。
知識とはそういうものなんだなあ。
今回の体験もまたいつか役に立つのだろう



この肉がおいしい肉になってくれることを祈りながら待つ今日この頃です。




熟成は置けば置くほど自食が進んで旨味は増すけど
確実に腐敗へと近づいていくチキンレース
(` ・ω)ノノ◎ イキノコッテミセル!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

徳島県 ブログランキングへ
2015.04.05 うどん
「たらいうどん」というものがある。
わかりやすく説明すると、木のたらいの湯だめうどん。
実家の上板町、土成町の近辺はうどんの国で、たらいうどんが主食だ。

たとえば結婚式に和洋折衷フルコースが出た後にも

たらいうどん。

しかも大きな大きなたらいが会場の真ん中に設置されて
つゆのお椀をもって同じたらいをつつくという

ぼくはうどんの民でうどんが好きだ。
無性にうどんが食べたくなる時がある。
だけど県南にはうどん屋自体ほとんど無くお察しくださいの味で
食べると腹が立つのでいかない。
そういう時は自分で作るしかないのだ。
... 続きを読む
2015.03.30 苗代づくり
去年収穫した赤米は
けっきょく風選、籾取りがめんど・・ 
いや、いろいろ準備が足りなくてうちの鶏のエサとなりました。
(๑´ڡ`๑)テヘペロ

白い米に赤米が混じるとお米としての価値が下がってしまうので
コンバインやもみすり機が共有できないとかそんな理由です。

そんなで今年は白いお米をつくってみることにしました。
種もみは去年赤米の隙間に生えてきたコシヒカリと思われる米の種もみ。

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。